太陽光発電ソーラーパネルはローンで導入 | ソーラーパネルタイムズ

HOME » ソーラーパネルの基本 » 太陽光発電ソーラーパネルはローンで導入

太陽光発電ソーラーパネルはローンで導入

太陽光発電システムを導入する際には、ソーラーパネルなどに費用が掛かります。
そのため、銀行のローンを組んでソーラーパネルを設置するというケースも珍しくはありません。
そこで、ソーラーパネル設置費用に対応している「太陽光発電ローン」を提供する銀行を紹介します。

メガバンクでは住宅ローンとして提供していますが、地方銀行でも取り扱いがあります。
北海道銀行でも、リフォームローンとして太陽光発電システム設置のローンを組むことが可能です。
借入利率は年 1.925 % 、借入単位は1,000万円以内、返済期間は10年以内となります。
神奈川銀行では、「エコライフローン」として太陽光発電システム設置に関わるローンを組むことが可能です。
借入利率は年2.35%、借入単位は10万円以上600万円以内、1万円単位となります。
返済期間は1年以上15年以内です。

住宅ローンなど、他のローンで付き合いのある銀行であれば、金利が優遇される場合もあるでしょう。
ソーラーパネルの設置を検討している場合には、日ごろ利用している金融機関に相談することがおすすめです。
他の金融機関と比較し、最もメリットが多く自分の考え方に合うローンを利用しましょう。

太陽光発電システムは、今後世界的に注目度が高くなるエネルギー生産方法です。
しかし、初期費用が高額であるため、経済的に難しいと考える家庭も多いでしょう。
初期費用を回収するところか、ローンの返済や電力を購入することになる等のリスクもあります。
太陽光発電システムは、運用方法も考えなければなりません。
住宅ローンと比較をしても、同等の大きなローンです。
多少の金利差でも重要になるため、いくつかの金融機関に相談をして検討しましょう。
地域によっては補助金を受けることも可能です。

この様に、キャッシュで支払う事が難しい場合などはローンや補助金にも目を向けつつ、太陽光発電システムの導入を検討しましょう。
無理のない返済ができる上に、売電による収益を得る事ができるかどうかもポイントになります。