ソーラーパネル導入にはローンがおすすめ | ソーラーパネルタイムズ

HOME » ソーラーパネルの基本 » ソーラーパネル導入にはローンがおすすめ

ソーラーパネル導入にはローンがおすすめ

ソーラーパネルの導入には、高額な初期費用がかかります。
そこで、太陽光発電システム設置に対応しているローンを組むという方法もおすすめです。
銀行などの金融機関が提供しているローンとは異なり、自治体が提携している融資もあり、注目が集まっています。
リフォーム資金などのローンを組むことができるというもので、メリットも多いです。

内容の例を紹介します。
家庭に太陽光発電システムを導入する方、太陽光発電システムが付いた住宅を購入する型を対象としたローンです。
分譲マンションにも適応される場合があり、その場合は共用部分に太陽光発電システムを設置するためのローンを組むことが可能です。
一般的な例では上限が10万円までソーラーパネルの出力ごとに補助金が支給されます。
自治体が環境作りを行っているという姿勢を示す方法の1つでもあるのです。
自治体のローンは、定期的な見直しが入ります。
そのため、しっかりと計画を立てる事が重要です。

一般的には、金融機関のソーラーローンを利用するケースが多いでしょう。
ソーラーパネル導入時にローンを借り入れ、期間は15年と設定すると、ソーラーパネルの保証期間が10年という場合には注意が必要です。
ソーラーパネルの保証期間終了後、5年間はローンの支払いが残っている状態です。
この5年の間にソーラーパネルの故障やトラブルが起こった場合、出資金額に修繕費が上乗せされるという事になります。
10年程で返済が終了するスケジュールを立てるようにしましょう。
または、ソーラーパネルの保証期間が長いメーカーを選択したり、保証期間終了時までに経済的な余裕を持っておくことが重要です。

ソーラーパネルの導入は、可能であればキャッシュ払いがおすすめです。
しかし、ローンを組む場合には低金利な商品を選びましょう。
他にも各自治体が提供している融資をチェックしてみるという方法も有効です。
補助金制度がある場合、内容を確認しましょう。