太陽光発電の家庭用パネルを設置するメリット | ソーラーパネルタイムズ

HOME » ソーラーパネルの基本 » 太陽光発電の家庭用パネルを設置するメリット

太陽光発電の家庭用パネルを設置するメリット

家庭用の太陽光発電システムが普及しています。
家庭用として製造されるソーラーパネルも沢山あり、どの様な形状の屋根にでも設置できるようになってきている点も、普及の要因でしょう。
家庭用太陽光発電システムの特徴や導入するメリットを紹介します。

地球環境に配慮したエコの取り組みや、地方自治体の補助金によって家庭用太陽光発電システム、ソーラーパネルを設置している家庭が増えています。
そもそも太陽光発電システムとは、太陽の光のエネルギー源として使用し、電力を生産する仕組みです。
屋根などにソーラーパネルを設置し、太陽の光を当てます。
ソーラーパネルはエネルギーを吸収し、家庭内で使用できる電力に変換するという仕組みです。
家庭に太陽光発電システムがあることで、毎月の光熱費を節約できます。
さらに、家庭内で使用しなかった電力は電力会社に売ることも出来るのです。
CO2を排出しない発電方法であり、環境に良いという点が有名です。

一般家庭に太陽光発電システムを設置する事で、どの様なメリットがあるのでしょうか。
小さな規模でも発電効率は一定であるため、設置できるスペースに関わらず金銭的なメリットを受けることができます。
また、発電する際に音や振動などの心配は要りません。
ソーラーパネルを設置する場所は屋根が一般的ですが、壁などにも設置できます。
災害や停電など、非常用にも使用できる点は、震災後に注目が集まった理由の1つです。
ソーラーパネルによって、夏の強い日差しを遮る効果や冬場の保温効果も期待できます。
微々たるものですが、設置する地域によってはメリットとなるでしょう。
最大のメリットは、電力を自宅で使用できるというだけではなく、電力会社に売ることも可能であるという点です。
そのため、太陽光発電への投資は結果としてプラスになると考えられます。

太陽光発電システムには、当然デメリットもあります。
メーカーなどを比較し、最もデメリットが少ない方法を検討しましょう。