太陽光発電産業用おすすめのパネル | ソーラーパネルタイムズ

HOME » ソーラーパネルの基本 » 太陽光発電産業用おすすめのパネル

太陽光発電産業用おすすめのパネル

産業用の太陽光発電システムで注目されている買い取り制度ですが、結果的にお得なのか、メリットやデメリットが分かりにくいという方も多いのではないでしょうか。
産業用の太陽光発電システムの買い取り制度とは、20年の間、太陽光発電システムで生産した電力を一定の価格で電力会社が買い取るという制度です。
条件は、10kW以上の太陽光発電システムであること、50kW以上の場合は送電用キュービクルも必要であるという事です。
また、重要なポイントとして経済産業大臣の設備認定が下りていることが挙げられます。
設置の際には、電力会社へ接続契約申込書面を提出する必要もあります。
これらの条件を満たすことで、20年間の買い取り制度が適応されるのです。

実際に産業用の太陽光発電システムを導入する場合、どのソーラーパネルが良いのでしょうか。
おすすめのパネルは、様々な環境にも対応できる耐久性、発電量の最大化などの観点から、サンパワーパネルがおすすめです。
サンパワーパネルは、現在十勝最大の太陽光発電所やゴルフ場など、様々な場所に設置されています。
サンパワーパネルは、最大の強みは耐久性です。
反射防止ガラスを採用し、太陽の光が当たる時間が短い場合でも高い発電量となります。
長期的に使用するメガソーラーだからこそ、安心して運用出来る様、耐久性が重要です。

ソーラーパネルと同等に重要な部分が、チャージコントローラーと呼ばれる部分です。
ソーラーパネルとバッテリーの間にあり、電圧や電流を正しい数値に保ちます。
正しい数値に保つ事によって、バッテリーを保護するのです。
チャージコントローラーがない状態でソーラーパネルの出力をバッテリーに繋いでしまうと、電流が逆流してソーラーパネルが壊れてしまったり、過剰に充電される事によってバッテリーの劣化が早まり、壊れる場合もあります。
チャージコントローラーは、ソーラーパネルの規模に合ったものを選ばなければなりません。
耐久性に優れたソーラーパネルを長持ちさせるためには、他の設置機器の性能にも気を配る必要があるでしょう。