メガソーラーのソーラーパネルを設置する際の注意点 | ソーラーパネルタイムズ

HOME » ソーラーパネルの基本 » メガソーラーのソーラーパネルを設置する際の注意点

メガソーラーのソーラーパネルを設置する際の注意点

産業用の太陽光発電システムは、大規模な事から「メガソーラー」と呼ばれています。
メガソーラーのソーラーパネルシステムを導入する際、ソーラーパネル販売業者を選ぶことが重要です。
優良なメガソーラーのソーラーパネル販売会社の特徴を見て行きましょう。

優良業者の場合、1つのメーカーだけではなく複数のメーカーの商品を扱っています。
国内メーカーは勿論、海外メーカーの商品を扱っているケースもあるでしょう。
国内メーカーについては、シャープ・三菱・京セラ・東芝・パナソニック・東芝などを揃えているかどうかをチェックします。
海外メーカーについてはカナディアンソーラー・インリーソーラーなどが主流です。
産業用メガソーラーを導入する際には、環境に合ったソーラーパネルを選ぶことが重要になります。
1つのメーカーだけで判断することはできないため、可能な限り沢山のメーカーを扱っている業者を選びましょう。

メガソーラーのソーラーパネルは、災害などのトラブルの他、盗難という人災被害に遭う可能性もあります。
そこで、防犯システムについても販売している業者を選びましょう。
メガソーラーは、非常に高額な商品です。
また、産業用の太陽光発電システムは太陽の光が当たらなければならないため、屋外に設置することになります。
設置する場所によりますが、防犯システムを検討する必要があります。
万が一盗まれた場合には、再度購入する必要があるでしょう。
また、壊されるなどの被害を受けた場合は修理費が必要になります。
防犯システムを取り入れる事によってこれらの犯罪行為を防ぐことも可能です。
また、屋外であるためホコリや鳥などの動物によって発電量が下がる可能性がないかどうかも確認しましょう。
監視システムや、様々な防犯システムも揃えている業者がおすすめです。

産業用メガソーラーの設置については、高額な費用が掛かります。
そのため、ソーラーパネルのメーカーや施工会社選びには時間をかけましょう。