太陽光発電パネル設置にはローンも有効 | ソーラーパネルタイムズ

HOME » ソーラーパネルの基本 » 太陽光発電パネル設置にはローンも有効

太陽光発電パネル設置にはローンも有効

太陽光発電システムの設置に必要な情報を集めるため、インターネットで検索する方も多いでしょう。
「実質0円」などと謳う業者が多く、怪しいと感じる方も多いのではないでしょうか。
しかし、怪しい内容ではなく、太陽光発電システム設置の際に利用するソーラーローンの支払金額と電力会社に電力を売った際の金額が相殺できた場合、ローンの支払いが0円になるため「実質0円」になるのです。
金融機関で提供しているソーラーローンとは、太陽光発電システムの設置時に利用できる低金利ローンの事です。
リフォームローンや住宅ローンに組み込まれている場合もあります。

これまでと比較をすると、太陽光発電システムの設置にかかる費用は抑えられています。
しかし、補助金を受けることができたとしても、初期費用は100万円以上となるのです。
ソーラーローンは、初期投資としての支払い金額を抑えたい方、まとまったお金を用意できない方、初期費用を用意できないものの太陽光発電システムを設置したい方におすすめです。

ソーラーローンは、ソーラーパネルを扱うメーカーや施工店、銀行などの金融機関など様々なところで取り扱っています。
金利はそれぞれ違いますが、平均すると2.5%前後です。
他の種類のローンと比較をすると、非常に低金利であることが分かります。
加入する条件も沢山あるものの、設置する環境や家庭の経済状況に合うソーラーローンを選ぶという事が重要です。
太陽光パネルの設置で、大きな金額の出費が経済的に大きな負担であるという場合、ソーラーローンの利用を検討してみましょう。

ただし、低金利であるとはいえ金利を支払わなければならないという点には注意が必要です。
太陽光パネルを導入する際の費用に加えて、ローンの金利を支払わなければなりません。
赤字になる可能性も非常に高く、初期費用の回収には時間がかかるという点も認識しておく必要があります。
繰り上げ返済で、早めにローンを完済することを意識しましょう。