太陽光発電ローンを組む際のポイント | ソーラーパネルタイムズ

HOME » ソーラーパネルの基本 » 太陽光発電ローンを組む際のポイント

太陽光発電ローンを組む際のポイント

太陽光発電システムを導入する際、ローンを組むという方も多いのではないでしょうか。
金融機関やメーカー、施工業者など様々な場所で太陽光発電ローンが提供されています。
しかし、施工業者が提供する太陽光発電ローンには注意が必要です。

太陽光発電ローンを扱っているのは、金融機関だけではありません。
太陽光発電システムの施工業者が、信販会社と提携してローンを扱っている場合も多いです。
施工業者は、契約をする際に提携している信託会社のローンをおすすめするケースがあります。
見積りと施工を依頼した業者であるため、太陽光発電ローンも任せたいと考える方も多いでしょう。
しかし、信用している施工業者が提案する太陽光発電ローンであれば問題ないということではありません。
必ず他の金融機関のローンも確認する必要があります。
その中で、施工業者のローンが良いと感じた場合に手続きを行うという方法がおすすめです。
施工業者のローンが良いものであるという考えで、二つ返事で申請してしまわないように注意が必要です。

可能であればローンを組まずに設置したいものですが、ローンを組むという事はデメリットだけではありません。
太陽光発電システムによって、電力が生産されます。
そのため、当然電気代が節約できるのです。
さらに、余った電力を売ることが可能。
これらでプラスになった金額と、ローンの支払金額が同じ金額の場合、実質0円で太陽光発電システムを設置できたという事になります。
電気代を節約できた金額と電力を売った金額が上回った場合は、収益になるのです。
上回る月が続く場合、早い段階でローンを完済することも可能となります。

太陽光発電ローンの借り入れ上限は500万円〜1,000万円です。
家庭で太陽光発電システムの導入に加え、蓄電システムやオール電化などの総合的なリフォームを行った場合も、十分であると考えられます。
太陽光発電システム導入に向けて、各社の見積もりを依頼してからローンのシミュレーションを行いましょう。